ゴーヤーチャンプルー

沖縄県の郷土料理

「ゴーヤーチャンプルー」は豆腐、豚肉、ゴーヤーなどを炒めた料理で沖縄県の郷土料理です。ゴーヤーの苦味と具材や出汁の甘味のコントラストが食欲を刺激し、夏バテ防止にも一役買う暑い沖縄ならではの料理です。「ゴーヤーチャンプルー」は「ゴーヤー」が主役となりますが、沖縄県の特産ともなる「島豆腐」の存在も欠かせません。「島豆腐」は沖縄料理には欠かせない島特産の豆腐で、大きくて固いのが特徴で1丁が約1kgにもなります。固いので炒めても崩れにくく、「チャンプルー」には最適の具材です。また、ゴーヤー以外に何か野菜を入れても良いのですが、「ゴーヤーチャンプルー」の場合はあくまでも「ゴーヤー」が主役なので、何も入れないか入れても少量の場合が多いです。


ゴーヤーチャンプルー / yoppy

 

「ゴーヤーチャンプルー」の由来

「ゴーヤーチャンプルー」は「ゴーヤー」を入れた「チャンプルー」という事ですが、「チャンプルー」とは沖縄の方言(ウチナーグチ)で「ごちゃ混ぜ」という意味です。ですから「ゴーヤーチャンプルー」とはゴーヤー、豆腐、豚肉などをごちゃ混ぜにした炒め物料理という意味になります。「ゴーヤーチャンプルー」は実は「チャンプルー」料理の一つに過ぎず、本場の沖縄では主役の具材によって何種類もの「チャンプルー」料理があります。「チャンプルー」料理は豆腐、豚肉、野菜などあり合わせの具材で手軽に作れる料理として広まりました。

 

「チャンプルー」の種類


ソーミンチャンプルー / Shinichi Haramizu

「チャンプルー」料理には「ゴーヤーチャンプルー」だけでなく、メインの具によって数多くの種類があります。沖縄独特の車麩を使った「フーチャンプルー」、タマナー(キャベツ)を入れた「タマナーチャンプルー」、マーミナー(豆菜)と呼ばれるもやしを使った「マーミナーチャンプルー」、完熟前の青いパパイヤを刻んで炒めた「パパヤーチャンプルー」、塩漬けした島菜(カラシナ)を入れた「チキナー(漬菜)チャンプルー」、固めに茹でた素麺を入れた「ソーミンチャンプルー」、ヘチマを入れた「ナーベラーチャンプルー」、空芯菜を入れた「ウンチェンバーチャンプルー」などがあります。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA