はらこ飯

宮城県の郷土料理

「はらこ飯」は鮭の身を煮込んだ汁でご飯を炊いて鮭の身とイクラをのせた料理で、宮城県亘理郡亘理町の郷土料理です。鮭の身とイクラを合わせるので「鮭の親子丼」ともいえますが、鮭の煮汁でご飯を炊くのが特徴です。旬の脂の乗った鮭の身を醤油、砂糖、酒などで煮込み、その煮込んだ汁でご飯を炊きます。そして、鮭から取り出した「筋子」もしくは「腹子(はらこ)」をほぐしてイクラにします。次に炊いたご飯の上に煮込んだ鮭の身とイクラを乗せれば出来上がりです。


はらこめし – Harakomeshi / CoconutRyo

阿武隈川の河口近くの亘理町(わたりちょう)荒浜地方では例年秋になると鮭が獲れるようになり、亘理町内の飲食店では一斉に「はらこ飯」が提供されます。「はらこ飯」が食べられるのは10月初旬から12月中旬頃までですが、11月までが食べ頃です。亘理町では「はらこ飯」が地元の郷土料理として各家庭でも作られていますが、地元のスーパーなどでは「はらこ飯」の時期になると鮭の切身、イクラの醤油漬け、鮭の煮汁を一緒にした「はらこ飯セット」を販売しているので、それを利用する事もあります。「はらこ飯」を提供する飲食店では独自の味付けや工夫がされており、同じ「はらこ飯」でも個性があります。また、「はらこ飯」は駅弁でも販売されており、仙台駅、盛岡駅、東京駅などでも購入する事ができます。

 

「はらこ飯」の由来

「はらこ飯」は阿武隈川河口の漁師町である宮城県亘理町で生まれた郷土料理です。亘理町は昔から鮭が水揚げされる漁師町として有名で、江戸時代には鮭の地引網漁が盛んでした。亘理町荒浜地域で水揚げされた鮭は良質で、地元で消費されるだけでなく、藩主や将軍家にも献上されるほどでした。「はらこ飯」は元々亘理町の漁師が大漁の時などに漁師飯として食べていましたが、藩主の伊達政宗公が視察に訪れた際に献上した事で気に入られて評判となり、他地域にも知られるようになったといわれています。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA