うにいくら丼

北海道の郷土料理

「うにいくら丼」はあったかいご飯の上にうにといくらを盛り込んだ丼料理で、北海道の郷土料理です。北海道全域の河口で取れる鮭のいくらと周辺の海でとれるうにを一つの丼で味わえる贅沢な料理です。うにの濃厚でとろりとした食感といくらのプチプチして弾けるような食感が合わさって極上の味が楽しめます。


うにいくら丼 / Zanpei

全国的には各地でうにやいくらの水揚げはあるので「うにいくら丼」は北海道だけのものではありませんが、極上の品質のうにやいくらが取れる北海道ならではの「うにいくら丼」が北海道の郷土料理たるゆえんです。北海道の飲食店では海鮮丼が人気ですが、中でも「うにいくら丼」は抜群の人気を誇ります。一口にうに、いくらといっても種類も品質も異なるので一概にいえませんが、低価格高品質の「うにいくら丼」も多く、地元民や観光客に定番の料理となっています。 

 

ウニの種類

うにには味が濃厚なバフンウニとあっさりしたムラサキウニがあります。バフンウニの中でも特にエゾバフンウニ(蝦夷馬糞海胆)と呼ばれるものは北海道の一部地域と北方四島でしかとれない貴重なうにで非常に濃厚で甘くて旨味があります。エゾバフンウニは貴重で高価なのでなかなか丼にして食べる事はできないと思いますが、一度は味わってみたいものです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA