ずんだ餅

宮城県の郷土料理

「ずんだ餅」は枝豆を茹でて取り除いてすり潰し、砂糖、塩、水を加えて作った餡を餅と合わせた料理で、宮城県仙台市の郷土料理です。「ずんだ餅」は栄養豊富な枝豆を綺麗な薄緑色の餡にする事で見た目にも魅力溢れる料理です。枝豆の収穫時期となる夏に良く作られ、お盆やお彼岸のお供え物の定番料理です。夏に作られる事から冷やして食べるのが普通で、すり潰して食べ易くされた「ずんだ(枝豆を潰したもの)」は消化にも良く暑い夏の料理として好まれています。


ずんだ餅 / zenjiro

 

「ずんだ餅」の由来


ずんだ / yoppy

「ずんだ餅」は宮城県仙台市をはじめとした南東北地域の郷土料理で、発祥には諸説あります。まず、戦国大名の伊達政宗公が合戦の際に陣中で「陣太刀(じんだち)」の柄で枝豆を潰して食べたのがはじまりとなり、それが訛って「ずんだ」と呼ばれるようになったとする説です。次は、同じく伊達政宗公が藩内の視察をしていた際に領民から出された餅を「仙台藩豆打餅」と名づけ、「豆打(ずだ)」が訛って「ずんだ」餅と呼ばれるようになったとする説です。また、仙台藩の領内に住んでいた「甚太(じんだ)」という者が枝豆を潰して餅と混ぜて食べていた所、それを見た周囲の人達が「甚太餅(じんだもち)」と呼ぶようになり、それが訛って「ずんだ餅」となったとする説もあります。

 

「ずんだ」を使った料理


ずんだアイス / くーさん

「ずんだ餅」は枝豆を潰して砂糖や塩を入れて甘くした餡の「ずんだ」を使った餅ですが、「ずんだ」を使った料理は何も餅だけではありません。白玉団子に「ずんだ」をかけた「ずんだ団子」、「大福」、「饅頭」、「どら焼き」などの和菓子の他にも「クレープ」、「レアチーズケーキ」、「ロールケーキ」、「マドレーヌ」、「パイ」、「プリン」などの洋菓子、そして「シェイク」や「アイスクリーム」など数え切れないほどのバリエーションがあります。仙台にはずんだを使った菓子を専門に扱う店もあり、「ずんだ」は昔からの郷土料理としての枠を超えて幅広く地域に定着しています。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA